マイクロスコープ (手術用顕微鏡)治療


なぜ拡大視野が必要なのか?


肉眼で行なった治療はマイクロスコープを使った治療と治療自体は

 

同じものでも、肉眼では見えないぐらい小さなむし歯を発見すれば

 

初期段階での治療が出来ますし、暗く狭い根管部分(歯の根の

 

部分、神経が入っている管)も、マイクロスコープ治療では明るく

 

拡大出来ますので、従来のレントゲンを参考にしながら経験と勘を

 

頼りに施す治療とは大きな差が出ます。

 

その他、肉眼では見えないぐらいの被せ物や詰め物のズレなど

 

不適合部分から入り込んだ菌が、むし歯を発現させているという

 

ことが少なくありません。

 

歯周病治療、型取り、インプラントなど、歯科治療のあらゆる分野

 

でメリットがあります。

精密根管治療


マイクロスコープを使用した根管治療(歯の根の治療)の説明です。

治療期間と費用


一般に、顕微鏡(マイクロスコープ)を使用すると治療時間が長く

 

なる傾向があります。何故なら肉眼による治療では見落とされて

 

いたむし歯や被せ物の隙間など小さな病変や不具合が確認できる

 

ようになり、よりきめ細かい治療になるからです。

 

逆にいえば「肉眼だけに頼った治療にはいかに不備が多いか」と

 

いうことです。

 

今まで原因不明だった症状が、顕微鏡(マイクロスコープ)を

 

使ったことで明らかになり、無駄な時間を使わずに治療が早く

 

終わる場合もあります。

 

顕微鏡歯科治療の費用は状況によってまちまちで一概には

 

いえませんが、所要時間やその技術的な難しさから健康保険外の

 

自由診療になることが多くなります。

 

「保険制度」という制約のある日本だけの特殊事情でもあります。

 

ただし、顕微鏡(マイクロスコープ)を使ったからといって即保険

 

が使えないというわけではありません。

 

よく説明し納得していただいた上で治療を行います。